無鉛ボードXpタイトル

無鉛ボードXPの特長

~鉛を全く使用しない、環境に配慮した新しい放射線防護材~

火に強く高い耐久性

安定した価格と優れた施工性

環境にやさしい

天然重晶石を精製した、人にやさしいバリウムが放射線防護の主成分

重晶石はバリウムを成分とし、バリウムの原料として産業的に重要な鉱物です。石灰岩その他の堆積岩中の層状の交代鉱床や、硫化金属鉱床の脈石鉱物として産出します。
比重4.5と重たい鉱物で、英名(Barite)は、ギリシャ語のbaros(重い)からの命名です。

有害な鉛を一切使っておりません

鉛は米国CPSC(米国消費者製品安全委員会)、欧州RoHS指令(電子・電気機器における特定有害物質の使用制限)など諸外国はもちろん日本でも産廃、土壌汚染などに関係する法令で規制されている有害物質です。

リサイクル建材の優等生せっこうを原材料に使用 ※本製品は天然重晶石を原料としているために生産ロット毎に色彩が微妙に異なることがあります。

原材料のせっこうは ①「天然せっこう」 ②火力発電所などから化学的に副生される「副生せっこう(化学せっこう)」 ③新築や解体工事現場から発生する「廃せっこう」 などリサイクル建材の優等生を原材料に使用しています。

従来のせっこうボードと比べ、格段の柔剛性粘り強さを持つせっこう板

ガラス繊維を混入し補強したせっこうを芯材とし、その表面・裏面の内側それぞれにガラス繊維不織布<グラスファイバーティッシュ>を伏せ込んだ、紙のないせっこう板です。曲げ破壊荷重は強化せっこうボードと同等の数値です。(長さ方向:500N以上 幅方向:180N以上)

重ね貼り工法を採用のため、目地用の鉛テープも不要

無鉛ボードXpは重ね貼り工法なため、1層目と2層目の目地をずらすことにより、ジョイント部分の鉛処理が不要になります。隙間が生じる場合には放射線防護用無鉛パテを使用します。
鉛テープを使用しないため、不陸が生じません。

鉛ボードと比べて1枚が軽量なため施工スピードUP

無鉛ボードXpの質量は約30kg、鉛ボードは約45kg
(鉛当量1.5mmの場合で鉛比重11.34、せっこうボード厚12.5mm比重0.65で算出)

安全・安心の責任施工

放射線防護の基礎知識、無鉛ボードXpの材料や重ね貼り工法の教育訓練を終了した専門職が、責任施工いたします。

不燃材料なので、幅広く内装制限に対応が可能

国土交通省より認定番号取得済み。

耐火構造壁の大臣認定取得

強化石こうボード等との組合せにより、国土交通省より耐火構造壁として認定番号取得済み。

無害だから解体・廃材処理も一般建築廃材と同様にできます

鉛付きせっこうボードは鉛が特定管理産業廃棄物に該当するおそれがあるため、鉛板とせっこうボードを完全に分離してリサイクルしなければなりません。

上記製品に関するお問い合わせ
医建エンジニアリング株式会社
ホーシャット営業部 営業課
〒130-0026 東京都墨田区両国 4-31-11
ヒューリック両国ビル6F
TEL:03-3634-7301(受付時間:平日 9時~17時)
FAX:03-3634-7401